夢を叶えるSFAコンサルタント転職ガイド

マーケティング活動におけるパラダイム(基本的考え方)がどの様に変遷してきたか、ここでは、日本経済の動向と照らし合わせてみていきましょう。時代の変化とともに市場は常に変化しており、マーケティング活動も変化に対応するべく様々な形態が生まれてきました。

 

企業が物不足時代に懸命に努力した結果、作業性の改善や大量生産が可能となり、潤沢な商品が市場に供給され始めます。これは需要と供給のバランスが逆転現象となり始める頃です。

 

作業の標準化と平準化や生産設備の導入などによる生産効率を生産性向上の為に行っています。物不足時代における市場の要求は、需要に見合う商品の供給となり、「生産能力をいかに向上させるか」が企業はマーケティング課題となります。

 

生産性の向上にだけ企業は努力してきた為、差異が各社の取扱う商品にはありません。企業は生産した商品をこのような経済環境の中では、大量に販売するためにマーケティング課題は生産性の向上からプロモーションによる市場への訴求となります。

 

戦争へとありとあらゆる物資が投入され、食べる物すら戦後の日本は満足に確保できぬ経済環境でした。膨大な物資を市場では要求しているが、生産が供給側である企業では間に合わず、供給を需要が上回っている状況にあります。

 

市場を把握し市場に適応した戦略を構築する事がマーケティング戦略は求められます。日本は第二次世界大戦の敗戦国となりました。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ